ログイン



便秘によって体臭や口臭が起こるメカニズム

腸の老廃物が体中を巡る!?

便秘をしているとガスが臭うというのは理解できますが、口臭や体臭が発生するというのはちょっと想像がつきませんよね。便秘によって腸に便が溜まってしまうと、便が腸内で腐敗し、毒素を発生させてしまいます。発生した毒素は便が詰まっているため体外へ排出することができず、なんと体の中をめぐって皮膚や口から出ていこうとするのです。腸の毒素が皮膚を通して出ていく間にほかの臓器も通過して行くこともあるため、毒素が体中を巡ってしまっていることも……とても怖いですよね。皮膚から出ようとする毒素は毛穴から出ていこうとするので、汗などと一緒に排出されて体臭となり嫌な臭いを発します。口から出ていく場合は胃を通って口に出ていくケースが多いので、腸の状態はもちろん、胃の状態が悪くなってしまっている可能性も考えられます。これに加えて、別の老廃物が毛穴に溜まっていたりすると、さらに臭いは強くなりますので、周りの人に不快感を与えてしまいかねません。

便秘による体臭が起きやすい人

便秘をしていても、特に体臭は気にならないという人もいる反面、そこまでひどい便秘だと思っていないのに体臭が気になるという人がいます。違いとしては、やはり体の基礎代謝量が違っていたり、老廃物を溜め込みやすい人、脂質の分泌が盛んな人に多いようです。もちろんこの限りではないのですが、運動をしてもなかなか便秘が改善しないという場合、せめて汗をかくなどして便秘以外の代謝機能を下げないようにし、老廃物をできるだけ溜めこまないような工夫が重要になります。それと並行して、腸内環境を整えることで便秘も解消しやすくなりますので、体臭や口臭の改善につながっていくでしょう。自分から嫌な臭いがするのは悲しいですが、毎日できるだけのケアをすることで、お金をかけなくても臭いを改善していくことができますので、あきらめずに頑張ってお手入れしていきましょう。

関連記事:体臭や口臭の原因は便秘かも?対策や改善方法をご紹介

Comments are closed.